キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

キャンピングカーの宿泊はどこが最適?旅のプランと一緒に検討しよう!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

電車やバスで旅をするのは楽しいものです。しかし、電車やバスだけでは行けない場所に名所がある。

 

こういうケース、旅の中で登場します。そんなときタクシーを使うという方法もありますが、それよりも自分で運転する車で行ければ便利。

 

さらに、旅先で宿を予約せずに、そのまま快適に車中泊できると、めちゃくちゃ楽しいと思いませんか。

 

そんなことを実現できるのが「キャンピンカー」。しかし昨今のキャンプブームで、一部マナーの良くない方もいらっしゃることから、キャンピングカーならではのマナーや注意点が設けられています。

 

今回は、キャンピングカーを使った自由な旅で、知っておきたい宿泊やルールの注意点をお話していきます。

 

1: キャンピングカーで宿泊しても良い場所とは

キャンピングカーで宿泊する場合、どこで停車して宿泊しても良いということはありません。

 

日本ではキャンピングカーで車中泊できる場所は、ある程度決まっています。

 

(1)オートキャンプ場

もっとも利用しやすいのが、オートキャンプ場。キャンプ場の中に、車で乗り入れられる場所のことです。

 

オートキャンプ場は、申し込みすれば使えます。基本的にはキャンプする場所に車を停めるようになっているため、キャンピングカーの横でBBQなどをし、夜はキャンピングカーで宿泊できます。

 

オートキャンプ場は、昨今のキャンプブームで増加傾向にあります。

 

  • 林間
  • 高原

 

こういったロケーションの良い郊外に設置されています。京都府であれば、北丹地域、南部なら笠置や月ヶ瀬、三重県の島ヶ原にあります。

 

オートキャンプ場には、キャンピングカーが停まっているときに使う100Vの電源設備が整っているところが増えています。

 

また、トイレやシャワー、コインランドリーなども設置しているところもありますので、予めホームページで確認して申し込みしましょう。

 

オートキャンプ場のお申し込みですが、できるだけ事前予約しておくのがおすすめです。

 

(2)RVパーク

日本RV協会が推進している車中泊用の宿泊施設。

 

安心してキャンピングカーで駐車して宿泊できます。

 

オートキャンプ場と比べると、まだまだ多くはありませんが、今後の拡大に期待したいところです。

 

RVパークもオートキャンプ場と同じように、100Vの電源やトイレなどを完備しているところがほとんどです。

 

ただ、RVパークの設備は場所によって様々なので、利用前にはホームページで使えるものをチェックしておきましょう。

 

オートキャンプ場よりも利用料金がリーズナブルなので使いやすいスペースです。RVパークで注意しておきたいのが、宿泊目的の場所ということです。

 

RVパークでテントを張る。サイドオーニングを広げる。BBQをする。こういうのはNGです。あくまでも「車中泊をする場所」ということです。

 

 

2: キャンピングカーで宿泊してはいけない場所

泊まれそうだけど、泊まっちゃいけない場所があります。最近問題になってきていますので、しっかりと覚えておきましょう。必要の無いトラブルを引き寄せてしまい、せっかくの楽しい旅が残念な気分でいっぱいになります。

 

(1)道の駅

道の駅は広い駐車スペースを持っています。駐車スペースも24時間開放されているところがほとんどです。そのためキャンピングカーで車中泊できそうに思いますが、宿泊をしてはいけません。

 

道の駅は「仮眠」ならOKですが、宿泊はNGになっています。

 

しかし、最近は車中泊をする人も増えているため、道の駅の一部分だけをRVパークとして認定しているところもあります。

 

利用しようと考えている道の駅のホームページで最新情報をチェックしましょう。RVパーク認定されていれば、指定の場所で車中泊できます。認定されていない場合はNGです。

 

(2)コンビニ

コンビニの駐車場も郊外へ行くとめちゃくちゃ広いです。隅の方なら車中泊できそうに感じますが、コンビニでの宿泊はNGです。

 

買い物をするための駐車場なので当然ですね。

 

(3)SA・PA

仮眠のために利用するのはOKです。しかし宿泊はNGです。

 

SAやPAは長時間の運転による疲れや眠気を取るために「休憩」「仮眠」をする場所です。

 

(4)河川敷

河川敷に入って車中泊。河川敷のルールによってOKのところもあればNGのところもあります。

 

ただし、キャンピングカーでの河川敷はおすすめできません。砂地に入ってしまうと抜けられない可能性もあります。

 

(5)コインパーキング

駐車しておくのはOKですが、宿泊はNGです。

 

コインパーキングは市街地に多いため、深夜までアイドリングしながら停車していると、近隣住民から通報されてしまうこともあります。

 

3: キャンピングカーの宿泊で注意しておく点

キャンピングカーの宿泊は非日常。ついつい楽しみ過ぎてしまいますが、注意しておく点があります。

 

(1)郷に入れば郷に従う

オートキャンプ場やRVパークなど、利用する場所にはルールとマナーがあります。自分ルールではなく、場所のルールやマナーに従いましょう。利用者同士、気持ちよく楽しめるよう配慮することが大切です。

 

(2)深夜の騒音

はしゃぎ過ぎて深夜までわいわい。最近のキャンプ場で問題になっている行為です。

 

楽しいのはわかりますが、わいわい楽しむのは20時くらいまでにしておきましょう。遅くても21時が限界ではないでしょうか。

 

(3)ゴミ捨て・排水

マナーを守ってください。家庭ゴミを持ち込んで捨てるとかやめてください。排水も場所を守りましょう。

 

川や湖へ勝手に捨ててはいけません。山の中へ捨てるのもいけません。

 

こうしたマナーを守れない人が増えてくると、楽しくキャンピングカーで旅ができなくなります。

 

(4)盗電

ぜったいやってはいけません。犯罪になります。

 

4: 宿泊場所と旅のプランは一緒に考えよう

(1)キャンピングカーだからこそ気軽にアウトドア

テント泊よりも気軽にキャンプを楽しめるキャンピングカー。電車やバスを使うよりも、自由度の高い旅プランを計画できます。

 

また、突然の雨でもテントを干して畳むなど、面倒なことも最小限でOK。

 

ぜひキャンピングカーをレンタルして、気軽なキャンプ旅に出掛けましょう。

 

(2)二泊三日プラン例

 

一日目:昼までに出発し、宿泊予定のRVパークを目指します。途中の道の駅や観光名所に立ち寄って楽しみましょう。

夕食は道の駅などで、地元のおすすめ料理を。

二日目:RVパークを出発し、次の目的地のオートキャンプ場へ向かいます。

途中、観光地はもとより、地元の食材を買ったり温泉に入ったりして楽しみましょう。

オートキャンプ場へは、早いかなと思う時間帯に到着するのがおすすめ。

ゆっくりと食事の準備を進め、サイト内でBBQなどを楽しみましょう。

三日目:早めの帰宅がおすすめです。渋滞を避けつつ最短距離で帰りましょう。

 

5: まとめ

キャンピングカーを使った宿泊にはルールがあります。どこにでも駐車して宿泊しても良いわけではありません。

 

キャンプ人気が広がったことで、ルールやマナーを守れない人が増えているのも事実ですが、こういった状況が続くと楽しくキャンプができなくなります。

 

まずは、あなたからルールやマナーを守って利用するようにしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA