キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

キャンピングカーレンタルが家族旅行におすすめできる理由とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

世の中「キャンプブーム」が続いています。そのため乗用車でキャンプ場へ行かれた人もいるでしょう。

 

でも、乗用車でキャンプに行くと、必ずテントを立てて過ごすことになります。キャンプを楽しむ人にとっては最高の瞬間ではありますが、一緒に行かれているご家族の中には、もう少し快適に過ごしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、キャンプにも、キャンプじゃない旅にもおすすめできる、家族旅行の新しいスタイル「キャンピングカー」をレンタルすると良い理由についてお話していきます。

 

乗用車での車中泊とは違い、キャンピングカーはかなり快適です。また、アウトドアは好きだけど、汚れるのやテントで過ごすには苦手という人も快適に楽しめるアイテムです。

 

1: キャンピングカーで家族と旅に出る方法

キャンピングカーで家族と旅に出るためには、次の3つの方法があります。

 

(1)キャンピングカーを購入(所有)する

キャンピングカーを購入し、自分の車として所有する方法です。この方法のメリットは、いつでも思い立ったらキャンピンカーで旅に出られることです。

 

それこそ、毎週末キャンピングカーで家族と旅に出ることもできます。アウトドア大好き家族ならぴったりの選択ですね。

 

また、家の駐車スペースにキャンピングカーがあるだけで、楽しい気分にもなりますし、親御さんのテレワークスペースとして活用することもできます。

 

当然、お子さんの勉強部屋としても活用できます。気分転換の場所としても有効利用できますね。

 

(2)キャンピングカーをレンタルする

キャンピングカーを購入するとなると、次の問題が出てきます。

 

  • 費用が高い
  • ガレージがない
  • 普段使いに不便

 

そして、ここが肝心。キャンピングカーで旅に出るとすると、仕事の関係もあって2~3ヶ月に一度くらい。

 

こういう方は購入すると負担ばかり増えてしまいます。そこでおすすめなのが「キャンピングカーレンタル」。

 

普通乗用車のレンタカーと同じように、キャンピングカーをレンタルする方法です。この方法ですと、使いたい時だけ予約しておけば良いので、普段の整備や車検などの負担がなくなります。

 

キャンピングカーのために、広い駐車場を借りる必要もありません。

 

また、半年、1年後にキャンピングカーを購入しようと考えている方にもおすすめです。まずは実車で体験し、キャンピングカーのある暮らしがご自身のライフスタイルに合っているのかどうかを確かめられます。

 

(3)キャンピングカーで収入を得ながら所有する

キャンピングカーは所有したい。でも、実際に使うのは2~3ヶ月に一度くらい。

 

こういうケースもあると思います。ここでおすすめなのが「委託」です。

 

私たちアイリンクスで行っているサービスの一つです。あなたのキャンピングカーを使っていない時、アイリンクスでレンタルキャンピングカーとして活躍してもらう方法です。

 

この方法ですと、キャンピングカーを使っていない時にレンタルされた売上の一部が、あなたの収入になります。使わないまま駐車しているだけでは、整備などでお金が出ていくばかりですが、委託にするといくらかのお金が入ってきます。

 

こういう方法もありますので、所有することをあきらめず、効率的にキャンピングカーを使うこともできるのです。

 

2: キャンピングカーには種類があります

キャンピングカーをレンタルするときや購入するときですが、見た目だけで選んではいけません。

 

家族旅行を楽しめる種類を見つける必要があります。

 

(1)これぞキャンピングカー!「キャブコン」

家族旅行を楽しむために選ぶ時「ハズレなし」の種類がキャブコンです。

 

一般的に日本で「キャンピングカー」というと、このタイプを指しています。街中や道の駅でも見かけるタイプです。

 

キャブコンは、普通乗用車よりも少しだけ大きいトラックをベースに、生活空間が荷台に載っているイメージです。

 

生活空間も広めに作られていますので、移動中も停車中も快適に過ごすことができます。また、車の大きさも無理の無いサイズなので、初めての方でも安心して運転できます。

 

(2)目立ちすぎないキャンピングカー「バンコン」

バンコンというタイプもあります。ハイエースなどをキャンピングカーにした車です。

 

見た目は普通の車ですから、キャブコンのように目立ちません。しかしバンサイズなので普段使いもしやすいのは魅力です。

 

キャブコンと比較すると、生活空間は限られますので、ご家族3名くらいまでで利用されるならおすすめできます。

 

(3)移動しやすい「軽キャン」

狭いところもへっちゃら。ガソリン代の負担も少ない。軽自動車をベースにつくられたキャンピングカーです。

 

コンパクトな車体を使っていますので生活空間はかなり小さくなります。大人二人が寝るといっぱいという感じです。

 

車中泊をメインにするなら、大人二人まで使えます。しかしキャブコンのように、車内で簡単な調理をするなどは難しくなります。

 

(4)憧れのスタイル「キャンピングトレーラー」

牽引するタイプのキャンピングカーです。

 

運転にコツが必要なので、上級者向けと言えるでしょう。

 

3: キャンピングカーを使った旅行のメリットとは

キャンピングカーを使った家族旅行には、次のようなメリットがあります。

 

(1)密にならずパーソナスペースを保てる

今の時代、重要なポイントではないでしょうか。

 

また、不特定多数の中で長時間移動するバスや電車ではありませんので、リスクを最大限減らすことにも役立ちます。

 

(2)電車やバスと比べて時間の制約が少ない

電車やバスでの移動は運転しなくて良いのでラクな部分あります。しかし、困ったなと思うのが時間の制約があること。

 

時刻表に合わせて行動しないといけませんから、観光地で「あともう少し」を諦めることも出てきます。

 

キャンピングカーなら、こういった時間の制約をかなり少なくできます。「あともう少し」と思った時、気にせずに行ってしまうこともできます。

 

(3)あちこち寄り道しやすい

あっちの道の駅に行きたい。こっちの展望台を立ち寄りたい。

 

電車やバスですと実現するのは難しいですね。しかしキャンピングカーなら、車が走って行けるところなら簡単にルート変更して立ち寄れます。

 

(4)お子さんがグズっても安心

小さなお子さんが一緒の旅は、思い出作りにも最適です。でも、旅の途中でお子さんがグズってしまったら、、、ちょっと大変ですね。

 

キャンピングカーなら、完全パーソナルスペースで移動していますので、突然グズっても問題なし。

 

まわりを気にする必要もありません。これだけでもストレスを軽減して旅を楽しめることでしょう。

 

(5)ペットと一緒に旅できる

大切なペットと一緒に旅できるのは、本当のうれしいことです。

 

電車やバスでは難しいですが、キャンピングカーなら問題ありません。

 

4: キャンピングカーを使った旅行のデメリット

キャンピングカーを使った旅には、デメリットもあります。

 

(1)駐車場に制限がある

キャンピングカーの大きさによっては、駐車場に入らない。または、入れずらいこともあります。

 

(2)通行する道路に制限がある

道幅よりも高さを注意しましょう。キャンピングカーは背が高いので、高さ制限のあるトンネルや駐車場へ入ると、屋根の部分を擦ってしまうこともあります。

 

(3)水道と電気の確保が必要

快適に過ごすためには、この2つの確保が必要です。

 

オートキャンプ場やRVパークですと、設備が整っていますので安心して楽しめます。

 

(4)季節によっては楽しめない人も

季節で言うと「夏」ですね。

 

夏は暑さのために楽しめない人もいらっしゃいます。キャンピングカーにエアコンが装備されていると快適ですので、確かめておく必要があります。

 

(5)運転席はちょっと孤独

キャンピングカーの運転席は孤独になりがちです。

 

後部でのワイワイ楽しんでいる「声」は聞こえますが、運転席から参加するのは難しいです。

 

5: まとめ

キャンピングカーを使った家族旅行は、今の時代に合っている方法ではないでしょうか。気になるパーソナルスペースを確保しつつ、自分たちの計画で移動できる自由さは、窮屈な時代にぴったりな楽しみ方だと思います。

 

ぜひ、キャンピングカーをレンタルして楽しさを実感してみてください。その後、購入されるかどうかを考えていただくのも良いですね。

 

また、新しい旅の方法を手に入れたことで、2~3ヶ月に一度くらいのペースでレンタルして、気分をリフレッシュする家族旅に出掛けられるのもおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA