キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

50代夫婦二人キャンプの楽しみ方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャンプはレジャーの定番になりました。特別な楽しみ方ではなく、もっと気軽に楽しんでもいい、そんなレジャーの一つになったと言えます。

 

特に、二人の時間を持つことができるようになった50代夫婦のお二人なら、自分たちらしいキャンプの楽しみ方も可能です。

 

1: 夫婦二人キャンプは魅力的

夫婦二人のキャンプというのは、意外に難しいものだったりします。小さなお子さんがいらっしゃる時期ですと、常にどちらかがお子さんの面倒を見ていないといけません。

 

また、お子さんが少し大きくなられたご夫婦なら、お子さんがキャンプへ行かないということになると(クラブ活動など)、夫婦二人だけでキャンプへ行くのは難しくなります。

 

しかし、50代を向かえる頃になると、夫婦二人だけの時間を持つこともできるようになり、これまでよりも楽しめることが増えていきます。

 

例えば、最近であれば次のようなことを夫婦二人で楽しんでおられる方が増えてきています。

 

  • オートバイでツーリング
  • 名所を巡る小旅行
  • ハイキング

 

どれも魅力的な楽しみ方です。そして3年くらい前から市民権を得られるようになったのがキャンプです。

 

特にキャンプは二人で過ごす時間が他の楽しみ方よりも長く、また、二人で協力して作業をする時間が生まれやすい楽しみ方です。

 

他の楽しみ方よりも、

 

  • ちょっと不便
  • 何もない
  • トラブルもある

 

というように、普段の生活視点ですと「面倒」なことが、キャンプという特別な空間になると「楽しい」ことに変わり、お互いに普段は見られないような一面を垣間見ることができるはずです。

 

夫婦二人キャンプは、このように「トラブル」を楽しみつつ、忘れかけていた良い面を再確認できる、50代ご夫婦にとってこれからの人生に大切なことを知るきっかけになります。

 

2: 二人だからこそこんな楽しみ方ができる

友人や知人と大人数でキャンプへ行くのも楽しいですが、夫婦二人だからこそ楽しめることもあります。

 

(1)好きなモノに囲まれた癒し空間

夫婦二人だと、お互いに好きなモノだけを持ってキャンプへ出掛けられます。

 

オシャレ系のアイテムを揃えて楽しんでもいいですし、ミリタリー系の実用的なアイテムを揃えて楽しんでもいいですね。

 

どういったアイテムを揃えるのかというよりも、お二人の好きなモノだけに囲まれた空間をキャンプで作ると大変癒やされます。

 

こういうことって、普段の生活では難しいですよね?でもキャンプですと最小限の好きなモノだけを持って過ごせますから幸せな気分になれます。

 

(2)自然の中を散策

キャンプができる場所というのは、自然のど真ん中です。そのため、絶景を楽しめるポイントも多いです。

 

キャンプ場から少し外れた場所を散策すれば、4月なら桜のアーチを楽しめることもあります。ご自宅近辺ですと、なかなか見られない景色や風の音を聴きながら自然の中の散策を楽しむこともできます。

 

(3)普段とは違った料理

お家では作らないような料理を楽しむことができます。

 

また、キャンプ場へ行ったときだけ料理をガンバル男性も多いですから、普段とは違った食事を楽しむこともできます。

 

お昼間からビールを飲みながら、シンプルだけど美味しい料理を楽しむ。最高に幸せな時間ではないでしょうか。

 

食後には淹れ立てのコーヒーで大人の時間を楽しむこともできます。

 

(4)語らいの時間

いつもよりたくさん語らう人が多くなるようです。

 

自然の中という開放感からなのでしょうか。

 

こういうときの語らいから、これからの人生設計を見直したり、やってみたかったことを再認識したりすることもあります。

 

人生の中で、とても重要な時間なのかもしれません。

 

(5)贅沢な時間

キャンプ場では「何もしない」時間がたっぷりあります。

 

こういう時間、普段の生活では持てません。いつもバタバタしているでしょうし、あれもこれもやらないと・・・。そんな感じではありませんか?

 

しかしキャンプ場ですと、テレビゲームやスマホゲームを止めれば、後は何もすることがありません。

 

眠くなったら寝る。起きているときはボーっと鳥を見ている。実はめちゃくちゃ贅沢な時間を楽しむことができるんです。

 

(6)写真を楽しむ

高級デジカメは必要ありません。

 

3万円程度のデジカメで十分ですから、1台もっていると気軽にパシャパシャと風景や料理を記録できます。

 

夜なら星空を撮影してみてもいいですね。

 

フォトコンへ出すわけではありませんし、誰かと写真のウデを競っているわけでもありません。自分たちだけが楽しむ記録として写真を楽しみましょう。

 

きっと、後10年経ったとき、夫婦二人だけの大切な思い出になっています。

 

3: キャンプ初心者はこれだけでスタート可能!

キャンプをする場合、次のアイテムを揃えておきましょう。

 

(1)テント

二人用のテントもありますが、少し余裕のあるテントの方が使い勝手が良いです。そのため、3人~4人用のものがおすすめです。

 

これくらいの大きさがあれば、荷物をテントの中へ入れることができます。防犯上もプラスになります。

 

(2)グランドシート

テントの中に敷くシートです。テントに付属しているタイプもあります。

 

(3)寝袋とマット

快適に眠ることを目指しましょう。ここをケチると楽しめません。

 

(4)チェア

折りたたみができるチェアを二つ用意しておきましょう。地面からある程度の高さがある方が使いやすいです。

 

(5)LEDランタン

LEDが使いやすいです。明るいですし、電池も長持ちします。そして、壊れにくい。これ大事です。

 

(6)カセットガスコンロ

焚き火は魅力的ですが、最初の頃は実用性を重視し、お家にあるカセットガスコンロを使って料理しましょう。

意外に便利なアイテムです。無理にキャンプ用品を購入する必要はありません。気に入ったアイテムがあれば購入しましょう。

 

4: オートキャンプ場なら道具が減って快適

このようにキャンプを楽しむためには、少しばかりのアイテムが必要になります。また、それぞれのアイテムをお家で一度は組立と収納の練習をしておきましょう。練習しておかないと現地で困ります。

 

さて、こうしたアイテムを揃えたり練習したりするのが面倒だなと思われた方や、やっぱり野外で寝るのは抵抗があるという方は、オートキャンプ場+キャンピングカーレンタルがおすすめです。

 

オートキャンプ場は設備も整っているので、現地でレンタルすることもできます。また、キャンピングカーをレンタルすると、車の中でゆっくりと寝られますし、急な天候の変化があっても慌てる必要はありません。

 

防犯面も安心ですし、テントも要らないのでおすすめの方法です。

 

5: まとめ

50代ご夫婦二人のキャンプの楽しみ方としておすすめなのは、

 

オートキャンプ場やRVパーク+キャンピングカーレンタル

 

この方法がベストです。

 

防犯面も安心ですし、アイテムを沢山持って行かなくても済みます。また、家に帰ってからアイテムのメンテナンスもほとんど必要ありません。というのも、半分以上をレンタルで済ませることができるからです。

 

自分が好きなモノだけ持ち込んで、他はレンタルで快適にキャンプを楽しむ。こういう方法が夫婦二人キャンプにはぴったりではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA