キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

父と子だけの親子旅行で絆を深めるならキャンプ!キャンピングカーの非日常空間で会話もアップ

WRITER
 
父と子だけの親子旅行で絆を深めるならキャンプ!キャンピングカーの非日常空間で会話もアップ
この記事を書いている人 - WRITER -

お子さんが大きくなると、お父さんとの会話が減ってきてしまうもの。

 

別にそれでも愛情が減るということはないのだけれど、やっぱりどこか寂しさを感じているのではないでしょうか?

 

そんなお父さんへ、お子さんと二人きりの旅行で距離を縮めてみませんか?

 

「そんなの無理ですよ。一緒になんて行きたがらないし、、、。」

 

安心してください。

非日常空間を簡単にレンタルして、お父さんもお子さんも大満足し、一生語らえる思い出が手に入ること間違いありません。

 

では、その方法をご紹介します。

1: お子さんとの会話、減っていると思いませんか

 お子さんとの会話、減っていると思いませんか

「最近、子どもと話してないな。」

 

そんな思いをしているお父さん。

 

お子さんが幼かった頃は、家族一緒に旅行へ行ったり、買い物へ行ったりして楽しかったのに、いつの頃からかそれぞれの時間を優先。

 

もし、あなたが「久しぶりに二人でゆっくり旅でもしてみたいな」と思われたのなら、とってもおすすめの方法があります。

 

 

最近、自然を楽しみながら、野外で少し優雅に過ごす「グランピング」が人気です。

 

グランピングの人気によってキャンプ場は従来とは異なり、かなり使い勝手の良いところが増えています。

キャンプ場でありながらリゾートホテルのようなところも存在していますし、キャンプするところにAC電源を備えているところもあります。

 

温泉施設が近くに用意されていたり、キャンプ用品を現地でレンタルしたりできるところも出てきています。

 

そこで、このようなキャンプ場の施設を活用しながら、さらに誰もが羨ましがる旅をするのなら、お子さんもきっと一緒に出掛けてくれるはず。

 

 

では、どのような旅なのかと言いますと、

 

『キャンピングカーを使った旅』

 

 

電車やバスではなく、キャンピングカーならゆったりとした室内と、非日常な空間。

どこの駐車場へ入っても視線を集められる優越感。

 

さらに、誰もが経験しているものではないので、クルマの前で撮影、自由気ままに寄り道した先でクルマや風景と一緒に自撮りするだけで、どこにもない世界でたった一つの「インスタ映え」する写真ができあがります。

 

2: 1泊2日でも贅沢な時間が流れます

1泊2日でも贅沢な時間が流れます

キャンピングカーをレンタルして旅をするとき、行き先も日数も自由です。

 

ホテルの予約も不要です。

電車の指定席の予約も不要です。

 

電車の乗り継ぎ時間も関係ありませんし、バスを待つ必要もありません。

 

突然の予定変更も自由にできますし、何時に出発してもOKです。

 

 

こんな風に、自由に気ままに旅を決められるのがキャンピングカーの良いところでしょう。

 

 

では、実際に旅の計画を行うとき、もっとも手軽に楽しめるのが「1泊2日」の旅ではないでしょうか。

 

出掛ける日程も決めやすいですし、週間天気予報で天候も概ねわかります。

 

行き当たりばったりの旅をするにも、1泊2日のショートトリップは、互いにとって丁度良い時間と距離なのだと思います。

 

そして、もっとも贅沢な時間が流れ、絆を深めることができ、最大限楽しめることも間違いないでしょう。

 

3: 慌ただしい準備なんて不要です

慌ただしい準備なんて不要です

キャンピングカーをレンタルしての旅には、電車や飛行機で行く旅のように、慌ただしい準備は必要ありません。

 

日程を決め、キャンピングカーをレンタルし、目的地を決める。

一緒にキャンプ用品もレンタルしておけば、停まったところがカフェにもレストランにも早変わりします。

 

後は当日に少しだけ着替えをクルマに放り込み、片手にカメラやスマホがあれば準備OK。

 

キャンピングカーで旅が始まり、気になるお店で地元の野菜や果物を買って、クルマのシンクでササッと洗って食べてもいいですし、夜まで冷蔵庫へ入れておいて、新鮮なままディナーに使ってもOKです。

 

4: 気ままな寄り道こそ距離が縮まる秘訣

気ままな寄り道こそ距離が縮まる秘訣

キャンピングカーをレンタルし旅をすると「道の駅」に立ち寄ることが増えると思います。

 

そんなときは、次の電車もバスの時刻も関係ありませんから、ゆっくり道の駅で楽しんでください。

 

  • 郷土料理を楽しむ。
  • 特製ソフトクリームを楽しむ。
  • 新鮮な食材を買う。

 

目的地や季節によっては、鮎の塩焼きやサザエの壺焼きなど、そこでしか味わえない楽しみが、あちこちの道の駅で用意されています。

 

寄り道すればするほど、思い出も増えていきますし、お子さんとの距離も縮まり絆もどんどんと深くなっていくことでしょう。

 

共通の話題があると、これから10年20年経っても、いつでもその話題が出ると一瞬で「今日」に戻ることができます。

 

5: まとめ

キャンピングカーをレンタルして、お子さんと二人で旅に出る。

 

電車やバス、飛行機とは違い、二人の時間はたっぷりあります。

また、立派なレストランやテーマパークのような過剰なサービスはありませんが、反対に二人が共に感じている中で行き交う会話が最高のごちそうになることは間違いないでしょう。

 

キャンピングカーから見る景色、キャンピングカーという非日常の居住空間も手伝って、あなたとお子さんとの距離がグンと近づくと思います。

 

準備不要で簡単に非日常を楽しめる旅。

 

キャンピングカーをレンタルして、あなたとお子さんとの絆を深めてもらえれば大変私たちは幸せです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA