キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

キャンピングカーレンタルの宿泊で知っておくと便利なこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

自由な旅に出かけたい。自由に自然を楽しみたい。

そんな方に人気なのがキャンピングカーレンタルです。

 

でも、キャンピングカーをレンタルして出かけても、どこに泊まればいいのかわからない。

どんなことに注意しておけばいいのかわからない。

 

そんな「キャンピングカーはじめてさん」もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、これからキャンピングカーレンタルで宿泊して楽しみたい方へ、ポイントや注意することを紹介していきます。

 

1: キャンピングカーレンタルで宿泊するときのポイント

キャンピングカーには、生活する空間があります。

 

  • ゆっくりとくつろげるリビング
  • すっきり手洗いできるシャワー
  • あわてなくても安心なトイレ
  • 雨でも安心なキッチン
  • いつでも眠れるベッド

 

このような装備がありますから、ルールを気にしないのなら「どこででも宿泊可能」なのです。

 

でも、ルールを無視するのは良くありません。

キャンピングカーは「クルマ」ですから、適当な場所に停めた場合「駐車違反」になる可能性もあります。

 

また、広い駐車場だから大丈夫だろうと勝手に使うと、駐車場で決まっているルールを無視することになり、近隣にお住まいの方へ迷惑がかかってしまうことも考えられます。

 

このようにキャンピングカーと言っても「好きなところ」で宿泊することはできません。その代わりに、あらかじめキャンピングカーで宿泊できる場所を知っておくことで、安心して快適に宿泊の自由度を上げながら楽しむことができます。

 

(1)オートキャンプ場

キャンピングカーでキャンプ場まで入っていける場所です。

ここなら、キャンプ場なのでキャンピングカーで宿泊しても問題ありません。

また、宿泊だけキャンピングカーを使い、夕食などはキャンプ場の施設などを利用して野外でバーベキューなどを楽しむこともできます。

キャンピングカーを初めて利用して宿泊を考えている方におすすめのポイントです。

 

(2)RVパーク

オートキャンプ場のように、車外でバーベキューなどの調理はできませんが、キャンピングカーで宿泊したり、テーブルとイスを出して食事したりすることができるのが「RVパーク」です。

基本的にRVパークは、温泉やレストラン、レジャー施設の近くか、駐車場内にありますので、キャンピングカーで宿泊だけできれば、ほかのことに不自由することはありません。

野外での調理は別にいい。そんな方におすすめのポイントです。

 

(3)道の駅

キャンピングカーで道の駅を利用するのは問題ありません。また、運転に疲れたときに「仮眠」するために利用するのも問題ありません。

しかし、宿泊のために利用するのはNGです。

また、道の駅にキャンピングカーを停車して、車外にテーブルやイスを出して楽しむのもNGです。

キャンピングカーを初めて利用される方が間違えやすいポイントです。

道の駅を利用するときには、ルールを守るようにしてください。

 

2: キャンピングカーレンタルで宿泊するときに便利なアイテム

キャンピングカーレンタルで宿泊するとき、準備しておくと便利なアイテムがあります。

(1)寝袋などの寝具

これまでにもキャンプをされた経験があれば寝袋をお持ちではないでしょうか。

もし寝袋をお持ちなら一緒に持って行きましょう。突然の気温の変化にも安心です。

 

寝袋は持っていないという方は、タオルケットや毛布を用意しておくと安心です。

 

さらに、「無くても大丈夫」と考えがちですが、あるのとないのとでは全く眠りの質が変わる「枕」は用意しておきたいですね。

(2)歯ブラシやタオルなど

ビジネスホテルや、一般的な観光ホテルではありませんので、

 

  • 歯ブラシ
  • 歯磨き
  • タオル
  • ひげそり

 

こういった生活用品を準備しておきましょう。

キャンピングカーで宿泊するとき、温泉を利用する予定があるのならバスタオルも用意しておくと万全です。

(3)灯り

オートキャンプ場やRVパークには「トイレ」が設置されていることが多いです。

そのため、日が暮れてからもキャンピングカーの外にあるトイレを利用することがあります。

 

そのとき、足元を照らす灯りがあれば安心してトイレを利用できます。

 

キャンプ用品である「ランタン」があるとベストですが、100円均一のLEDライトでも何とか使えます。

(4)軽いハンガー

プラスティック製やワイヤーハンガーを用意しておきましょう。

手を拭いて濡れたタオルや、温泉を使った後のバスタオルなど、乾かしておくときにあると便利です。

(5)濡れティッシュ

手が汚れたとき、靴が汚れたときにあると便利です。

(6)充電器

スマートフォンをお持ちかと思います。スマートフォンは便利ですが電池がなくなると使い道がありません。

充電器は必ず持参しておきましょう。

 

3: キャンピングカーレンタルで宿泊するときに注意すること

基本的に「かさばらない」工夫をするのがポイントです。

(1)カップ類

できれば紙コップなどを用意しておくと、使った後は小さくできるので場所を取りません。

(2)バッグ類

バッグは以外にかさばります。特に旅行用のコロコロはかさばります。

そこでキャンピングカーで使うバッグ類は、使わなくなったら小さく畳める「ソフトバッグ」がおすすめです。

また、ソフトバッグは、ちょっとくらいなら無理に押し込んでも形が柔軟にかわりますので、荷物入れにも収まりやすいです。

(3)クーラーボックス

移動中に買った新鮮な野菜や魚などを保存するために、あると便利なのがクーラーボックス。

キャンピングカーによっては冷蔵庫がついていますが、手軽に使えるクーラーボックスもあると便利です。ただし、クーラーボックスってハードタイプが多いんです。

でもバッグ類と同じで、キャンピングカーでハードタイプのクーラーボックスはちょっと邪魔。ですから、クーラーボックスもソフトタイプを選びましょう。

中身がなくなったら小さく畳んでおけば、くつろげる空間が広くなります。

 

4: キャンピングカーレンタルで宿泊してキャンプする人へ

あると便利なアイテムを紹介します。

(1)充電式の小型扇風機

去年くらいから流行っています。

USBで充電すれば、持ち運んで使えるやつです。

あれ、一つあると夏でも少しくらいは涼しいので便利です。

(2)ブラシ

大きなものでなくてもかまいません。お家なら玄関まわりをササッと掃き出すときに使うような小さなブラシで十分です。

小型のブラシがあると、キャンピングカーに上がった小さな砂やホコリをササッと掃き出して快適に過ごせます。

(3)スピーカー

いつもと違った雰囲気作りには音楽が欠かせません。

だからといって、スマートフォンのスピーカーから音楽を流しても、そんなに良い音質ではないので雰囲気作りに役立たないですね。

でも、スマートフォンと簡単につないで使える「Bluetoothスピーカー」なら、高音質な音楽で雰囲気作りができるでしょう。

Bluetoothスピーカーは、配線が必要ありませんし、充電式で動作するものが多いので扱いやすいと思います。

(4)カセットコンロ

キャンピングカーの中で使えるかどうかは、レンタルするお店に確認しておきましょう。

車内で使えなくても、カセットコンロが一つあると、車外で簡単にお湯を沸かせますので、朝一番においしい珈琲を楽しむこともできます。

 

5: まとめ

キャンピングカーレンタルの宿泊で知っておくと便利なことを紹介しました。

 

今回の内容を参考にしながら、キャンピングカーをレンタルして宿泊を楽しんでいただければ幸いです。

 

最後に、キャンピングカーをレンタルするときは、レンタルするお店へ「どういった装備がついているのか」「オプションで借りられるモノはあるのか」確認しておきましょう。

 

足りない荷物だけ自分たちで用意し、持ち込むことで空間が多くなります。空間が多くなると、リラックスして楽しめます。

 

普段とは違うことを楽しむのですから、おもいきりリラックスできる工夫も忘れないでください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA