キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

キャンピングカーレンタルでペットと一緒に快適に楽しく旅するポイント

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

家族で旅を楽しみたい。

これまでなら、大切な家族の一員であるワンちゃんはペットホテルでお留守番とか、ペットシッターさんにお願いするというのが定番でした。

 

しかし最近は、やっぱりペットも大事な家族だから同じ時間を共有したいと考える方が増えているのでしょうか。

一緒に旅を楽しむ方が増えています。

 

2018年に調査されたキャンピングカー白書の結果でも、

 

1位:夫婦二人で旅行を楽しむため

2位:ペット連れの旅行に最適と判断

3位:子供たちとキャンプや旅行を楽しむツールとして

 

というような結果が出ていることからも、従来とはペットとの関わり方も変化しているのだと思います。

 

そこで今回は、あなたが大切な家族の一員であるペットと一緒にキャンプングカーをレンタルして旅をするときに、知っておいていただきたいポイントを紹介していきます。

 

1: キャンピングカーレンタルでペットと旅すると変わること

キャンプングカーをレンタルしてペットと旅をすると、これまでとは大きく変わることがあります。

(1)移動手段が変わる

これまでペットと一緒に旅をしようとすると、大きく分けて2つの方法がありました。

 

[1]公共交通機関

電車やバスですね。

どちらも条件がありますが、ルールに従えば一緒に乗車することができます。

しかし、大型犬は難しいことも多いですし、吠えてしまうことが多い子や、知らない人が多いところが苦手な子は、選択しにくい移動手段です。

 

また、心ない人も世の中にはいますので、おとなしくしていてもふざけて相手になってくる人もいたり……。

 

一緒にいるからといって、安心できないことが多いです。

 

[2]乗用車

一般的な乗用車で移動されている方もいらっしゃいます。

少し大きめのワンボックスなら「移動」だけを考えると問題ないかもしれません。

 

ただ、旅には宿泊することがセットですので、宿には一緒に泊まれないことも多いはず。

 

また、暑い日など、駐車場でアイドリングしてエアコンをつけておけないところも多いですし、マナー違反でもありますので、車内に残されたペットの体調にも大きく影響します。

 

こういった制限の多い移動手段ですが、キャンピングカーなら車内の広さも、快適性も問題ありません。

(2)宿泊方法が変わる

旅につきものの宿泊。

最近はペットも一緒に泊まれるところも増えてきています。

 

でも、やっぱり数は多くありません。

特に

 

  • ホテル
  • 旅館
  • ペンション

 

などはペット不可のところが多いですし、仮に一緒に泊まれたとしても同じ日に宿泊されている方が、ペット嫌いならいろいろと難しいことになる可能性もあります。

 

 

しかしキャンピングカーなら、このような煩わしい思いをすることもグンと減ってくれます。

まず、キャンピングカーの中で宿泊しますので、まわりの人との接触を最低限にすることができます。

 

また、突然宿泊不可と言われることもありませんので、いつでも安心して一緒に過ごすこともできるでしょう。

 

ペットも家族だけの中にいる方が安心できますので、リラックスして楽しんでくれるのではないでしょうか。

(3)行き先の自由度が変わる

キャンピングカーの良いところがコレです。

 

電車やバスなどで移動すると、突然ペットの体調が変化したとき、降りたり戻ったりすることは簡単ではありません。

 

しかしキャンピングカーなら、いつでも停車して具合を見ることができます。

必要なら行き先を急遽変更することもできますし、引き返すことも簡単です。

 

大切な家族の一員だからこそ、体調による変更のしやすさは最大のメリットだと言えるでしょう。

(4)周囲への気遣いが変わる

移動でも宿泊でも、まわりへの気遣いによるストレスが変わります。

 

キャンピングカーの中にいる分には、完全なプライベート空間なので、

 

  • 車の中で吠えても
  • 走り回っても
  • 寝て動かなくても

 

全く大丈夫。

また、ペットが心ないいたずらに会うこともありませんので、一緒に旅をしても安心できます。

 

2: キャンピングカーレンタルでペットと旅するときに注意したいこと

キャンピングカーがいくら快適だといっても、ペットにとっては普段とは違う場所。

 

大丈夫な子もいますが、慣れていないと少なからずストレスを感じているはずです。

そこで、次のようなことを注意しておいてあげましょう。

(1)スピードは控えめ

スピードが高くなると起こること。それは、

 

  • 急ブレーキ
  • 急ハンドル

 

ペットによっては車酔いの原因にもなりかねません。

 

いつもより、のんびり運転を心がけましょう。

(2)置き去りにしない

気温が高くなると危険です。

でも、それ以上に、知らないところで「ひとりぼっち」は不安です。

人間にとっては簡単なお留守番かもしれませんが、ペットにとっては不安が強くストレスに原因にも。

 

誰かが一緒にしてあげてくださいね。

(3)休憩はこまめに

人間も長時間車で移動していると疲れます。

ペットだって同じです。

 

SA、PA、道の駅。

停まれるところは利用して休憩をこまめにとりながら旅を続けましょう。

 

人間もペットも、体調が崩れると楽しい旅を続けられませんからね。

(4)外に出すときは事前に確認

停車したとき、ペットを外に出す場合は事前にOKかどうかチェックしましょう。

 

施設によっては入店不可のところもありますので注意が必要です。

(5)食後は少し待ってから

人間も食後すぐに移動すると、胃のあたりがムカムカすることがあります。

これはペットだって同じこと。

 

車酔いの原因にもなりますし、ペットは言葉で伝えられないため、苦しいことをガマンしているかもしれません。

 

食後はゆっくり時間をとってから乗せてあげてください。

(6)キャンピングカーで専用の居場所を確保

忘れがちなのが居場所です。

できればペットがいつも使っているものやゲージを用意しておいてあげることで、安心できる居場所を作ることができます。

 

ワンちゃんの場合は、飼い主さんが一緒なら、それだけで安心できる子も多いですが、ネコちゃんの場合は飼い主よりも「場所」が重要なので、ゲージなどを用意すると落ち着いて過ごしてくれるでしょう。

 

3: キャンピングカーレンタルでペットを乗せたいときは?

キャンピングカーレンタルでペットと一緒に旅をしたい場合は、事前にレンタカー会社へ申告することが必要です。

 

というのも、それぞれの会社や車両に条件がありますので、乗車できない場合もあるからです。

 

また、黙って乗車させられた場合でも、後から掃除するときにわかりますので、レンタカー会社との間でトラブルになる可能性もあります。

 

アイリンクスではペット可のキャンピングカーをご用意しておりますので、まずはご相談いただけると幸いです。

 

4: キャンピングカーレンタルでペットと快適に旅できる車種とは

最後に、キャンピングカーをレンタルしてペットと一緒に旅をするとき、どのような車種を選ぶのがお勧めなのかをお伝えします。

 

もし、宿泊を考えずに移動だけを目的とされているのなら、

 

  • 軽キャン
  • バンコン

 

これらでも利用できます。

 

しかし、少し長い距離を旅して宿泊までしたいなという場合には、キャンピングカーの代表でもある「キャブコン」がおすすめ。

 

車内も広いですので、自分のお気に入りの場所も見つけやすくなっています。

また、アイドリングなしで冬ならヒーターで暖かく、夏はクーラーで車内も快適。

 

水道もついていますので、サッと手を洗いたいときでも不便がありません。

 

アイリンクスでは、ペットと一緒にお出かけされるときには「キャブコン」をおすすめしております。

 

5: まとめ

大切なペットと一緒に旅をしたい。

そんなときには、キャンピングカーをレンタルして使っていただくことで、これまでとは違った旅の思い出ができあがると思います。

 

ペットも大切な家族ですから、旅ではリラックスして楽しんでもらいたいのが飼い主の気持ちです。

狭い乗用車よりも、知らない人がいっぱいいる公共交通機関よりも、プライベート空間のまま移動できるキャンピングカーは、理想的な旅のツールになると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA