キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

キャンピングカーの新たな使い方!キャンピングカーがリモートワークに最適な理由とは!

 
キャンピングカー リモートワーク
この記事を書いている人 - WRITER -

コロナ禍によってキャンピングカーの新たな使い方に注目が集まっています。

もともとは、くるま旅やアウトドアを楽しむ目的で利用されていたキャンピングカーですが

withコロナの時代においては、

リモートワークの拠点として、

レジャー時には不特定多数の人の集まる密を避ける交通手段として、

更に災害時には避難用シェルターとして利用出来るなど

キャンピングカーの可能性はどんどん広がっています。

その中でも特に注目なのは、キャンピングカーを使った

「新たな働き方」です。

感染拡大が収まらない状況に、中には2020年末まで在宅での勤務を

決めた企業もあると聞きます。

通勤の時間も省け、人との接触も抑えられる在宅勤務ですが

勤務場所を自宅に限定すると仕事とプライベートの時間を分けるのが

意外と難しかったりします。

そんな方には気分を一転して、キャンピングカーという非日常空間で

仕事をしてみる事をおすすめします。

それでは、なぜキャンピングカーがテレワークに最適なのかについて

お話したいと思います。

1:  キャンピングカーがリモートワークに最適な理由

リモートワーク キャンピングカー

 

(1)自宅とは別のプライベートスペース

急に自宅での仕事を強いられた場合

自宅が仕事場に適さないケースも多々あります。

限られた部屋数で、仕事場を確保するのが難しい・・・

子供が小さいので生活音が気になる・・・

などなど。

自宅という家族で過ごす場所で

自分だけ仕事モードに切替え、集中するのは意外と難しかったりします。

また、家だと時間の区切りを付けにくいので

だらだらと仕事してしまう傾向にもあります。

そんな時にキャンピングカーというプライベート空間を使えば

気分も一転、まるで秘密基地の様な空間で仕事に集中出来るのです。

(2)好きな場所で仕事が出来る

キャンピングカーを利用すれば好きな場所をオフィスにする事が

出来ます。

敢えて遠出はせず、自宅の近くで仕事をしたい方は

自宅近くに車を停車しそこで仕事をする事も可能です。

一方で、綺麗な景色を前に仕事に励みたい方は

好きな景色の見える場所まで車で移動し自分だけのプライベート空間を

演出するのも良いでしょう。

使い方は正にあなた次第なのです。

移動も楽しみつつ、自分の集中出来る場所を探してみてはいかがでしょうか。

(3)仕事をする上で最低限必要なものが揃っている

通常の車と違いキャンピングカーには

仕事するのに必要なものは最低限揃っています。

長時間座る事の出来る椅子に、最適な高さのテーブルがあります。

また充電が必要な際にはバッテリーもあり

パソコンの充電を気にする必要もありません。

そしてポータブルWiFiなどを使用すれば

インターネットは勿論、オンライン会議にも最適です。

更には、備え付けのキッチンで簡単な調理や

休憩のコーヒーを淹れる事も出来ます。

仕事に支障のない設備を備えた空間で

人との接触なくプライベートな一日を過ごす事が出来るのです。

(4)出張時にも3密を避け移動出来る

コロナ禍においても避けられない出張や外出先での営業活動はありますよね。

出来るなら不特定多数の人が利用する公共交通機関は避けたいものです。

そんな時、キャンピングカーなら密を避けて移動出来

更には、宿泊も可能なのです。

極力避けたい移動ですが止むを得ないケースも多々あります。

そんな時、キャンピングカーを使えば

移動の不安は大きく解消されるでしょう。

(5)非日常の空間に新たなアイディアも浮かびやすい

非日常の空間に身を置き、景色の良い場所を目の前にすると

いつもとは違った新たなアイディアが浮かんできたりするものです。

キャンピングカーという非日常空間が

新たなひらめきやアイディアを導いてくれるかもしれません。

2:  ワーケーションとの相性が良いキャンピングカー

ワーケーション 自然 新しい生活様式

ワーケーションとは「ワーク」(労働)と「バケーション」(休暇)を

組み合わせた造語で、観光地やリゾート地でテレワークを活用し

働きながら休暇を取る過ごし方です。

日本政府が推奨する「新しい働き方」として注目を集めています。

このワーケーションと小さな移動オフィスであるキャンピングカーの

相性が良いのは言うまでもないありません。

今はまだワーケーションを取り入れられる業種も限定されている為

浸透するには少し時間がかかるかもしれませんが

近い将来、ワーケーションをいう言葉が日本に根付く可能性は

非常に高いと感じます。

新しい生活様式を受け入れていく以上

新たな働き方を模索するのは必要不可欠な事ですね。

時代に促した働き方&旅のスタイルとしてキャンピングカーが注目

されるのは納得です。

3: まとめ

コロナウィルス感染拡大によって、

これからの社会の在り方は大きく変化していくことでしょう。

しばらくは海外への旅行は難しい今

非日常的な空間として個人所有の別荘やヴィラ

バンガローなどの需要も増えていると聞きます。

密を避けつつ、自然の中で大切な人と過ごす時間に

高い価値を感じる人が増えてきていると感じます。

新たな旅の選択肢のしてキャンピングカーを選ぶ方が増えていくのは

自然な流れなのかもしれないですね。

まだまだ広がるキャンピングカーの可能性から目が離せません。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA