キャンピングカーレンタルなら京都府京都市のアイリンクス株式会社

新着・キャンペーン情報

キャンピングカーをレンタルして旅に出る!知っておくと楽しみ倍増なポイントとは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャンピングカーは「自由」の象徴です。

スケジュールをきちんと決めなくていいですし、ホテルや宿の手配も完璧じゃなくてもいい。

 

決まった路線を乗り継ぐ必要もなく、気になった場所へ好きなだけ寄り道しながらでもOK。

 

こんな楽しみ方ができるキャンピングカーですが、もっと楽しめる方法はないのでしょうか。

 

そこで今回は、京都でキャンピングカーレンタルを行っている「アイリンクス」が、自分たちがキャンピングカーでの旅が好きなこともあり、知っておくと楽しみ倍増になるポイントをご紹介していきます。

 

1: キャンピングカーをレンタルして旅する魅力

キャンピングカーをレンタルして旅する魅力は様々です。

(1)くつろぎながら移動OK

キャンピングカーは自動車でありながら、広い居住スペースを持っています。そのため、移動と家が合体しているので、いつでも気兼ねなくくつろぎながら旅を楽しめる魅力を持っています。

 

最近言われるようになった「ソーシャルディスタンス」を移動中気にする必要がありません。

安心できる人たちだけで移動しますので、常にリラックスして居られます。

(2)予定は未定でもOK

公共交通機関を利用した旅の場合、時刻表というしばりがあります。

そのため、混雑している時間帯や場所であっても、急に行き先を変更することはできませんし、混雑しているから次にしようというのも難しいものです。

 

しかしキャンピングカーをレンタルした旅なら、こんな不自由な思いは関係なくなります。

 

自分のペースで移動できますし、予定した場所が混雑しているようなら立ち寄らずに別のところへ変更することも可能です。

 

柔軟に予定変更がしやすいため、混雑した場所でイライラする必要もなくなりますし、時計ばかり気にして移動する必要もありません。

(3)アウトドアしたいけれど面倒でもOK

昨今のアウトドアブームで、面倒そうだけどアウトドアを楽しんでみたい人もいるでしょう。

 

こういった方の場合、キャンプ場へ向かってテントを張って、タープを設置して、夕飯の用意をして、というのは大変面倒。

 

でも、キャンピングカーをレンタルすると、アウトドアで最も面倒に感じる(慣れると一番楽しいのですが)テントやタープの設置が必要なくなります。

 

だって、キャンピングカーは車の中で宿泊できますし、夏や冬ならエアコンやヒーターをつけることで、いつでも車内を快適にできます。

 

女性の方が苦手な「虫」の攻撃も減りますので、安心してアウトドアを楽しむきっかけを作れるでしょう。

(4)ちょっとお昼寝もOK

旅の移動中に、景色の良さそうなところで「お昼寝」もできます。

キャンピングカーを駐車しても良い場所に限られますが、電車やバスでの移動では難しいことが簡単にできるのも、キャンピングカーの魅力です。

(5)大切なペットと楽しむのもOK

大切な家族の一員であるペット。

一緒に旅に出掛けたいけれど、電車やバスでの移動は怖がるし、鳴いたりするとまわりに迷惑。

そんなことで、一緒に旅するのは難しいとお考えなら、ぜひキャンピングカーをレンタルしてほしいと思います。

 

キャンピングカーレンタルでは「ペット可」の車両がほとんどのお店で準備されていますから、あなたと一緒にペットも旅に出ることができます。

 

キャンピングカーでの移動なら、移動中に車内で鳴いても大丈夫です。

怖がってもダッコしてあげることもできます。

 

慣れてくると移動する車内から景色を見て、ペットも旅を楽しんでくれるはず。

 

夜も車内で一緒に寝られますので、あなたもペットも安心して旅を楽しむことができるでしょう。

 

2: キャンピングカーをレンタルした旅の準備

キャンピングカーをレンタルして旅に出るとき、準備しておくと楽しみがアップするアイテムがあります。

(1)着替え

特別なものではありませんが、普段からお家でリラックスタイムに着ている服を持って行っておきましょう。

 

人は習慣の生き物ですから、いつものリラックスアイテムに着替えるだけで、キャンピングカーの中はお家モードに変身します。

 

また、お昼間の活動時間用に、動きやすくて洗濯しやすい着替えを用意しておきましょう。

こういった着替えを持っていると、川遊びをするときにも躊躇無く楽しめますし、少しくらい濡れても汚れも気になりません。

(2)お風呂用品

キャンピングカーの旅の楽しみというと、移動途中にある温泉や大きなお風呂。

 

シャンプーなどは揃っているところが多いのですが、タオル類は用意されていないところもあります。

 

自分用にタオルを準備しておくと、いつでも気兼ねなくお風呂タイムを楽しめます。

(3)マットや寝袋

ちょっとしたことですが、キャンピングカーのベッドの上にマットを1枚敷くだけで眠りが快適になります。

 

また、少し肌寒い季節の旅なら、寝袋を持って行くと、中に入って寝るだけでかなり暖かくなります。

 

旅先での風邪は楽しみを減少させる原因になります。楽しさを倍増させるなら健康維持にも注意しておきましょう。

(4)アメニティ

歯ブラシや歯磨き。スキンケア用品、綿棒などは普段自分が使っている物を準備してきましょう。

 

こういった細かな準備用品が、快適な楽しみを増やしてくれます。

 

特に肌に触れるものは、自分のお気に入りにしておくのがベストです。

(5)充電器

コレ、楽しみを倍増させるアイテムとして必須です。

 

スマートフォンやデジカメの充電器が無いと、悲惨な状態になりますよね。写真を撮ることもできませんし、SNSにアップすることもできません。

 

小さいものなので忘れがちですが、必ず持って行きましょう。

(6)防水カメラ

雨の日や水遊びのとき、防水性能が高いデジカメがあると楽しみ倍増です。

普段とは違ったアングルや、雨の日しか見られないような特別な景色を切り取ることができます。

 

3: キャンピングカーをレンタルした旅で知っておきたいこと

キャンピングカーをレンタルした旅では、次のポイントを知っておいてもらいたいと思います。

(1)水と電気の確保

キャンピングカーでは、水と電気が使えます。

ただ、無制限に使える訳ではありません。どちらも使ったら補充しないといけません。

(2)夏と冬の過ごし方

夏は気温の上昇具合によって車内が快適でなくなることもあります。

クーラーが装備されているキャンピングカーもあるので

電源を確保できれば快適に過ごせます。

 

冬の場合はヒーターがありますので、車内は暖かくなりますが寝るときには寒いかもしれません。

掛敷毛布や子供が大好きな寝袋などを用意しておくとベストです。

 

レンタルするときには、お店の人にエアコンの使い方と電源の確保の方法、外部電源の接続方法を聞いておきましょう

(3)停車場所と盗難

キャンピングカーを停車する場所ですが、狭い場所は注意が必要です。

車の内輪差が普通乗用車よりも大きいため、横の壁や車に擦る可能性が高くなります。

 

また、屋根の低い場所も注意しましょう。

 

続いて盗難ですが、停車する場所、駐車する場所の周囲を見てください。

夜になると車が集まってくる場所や、人が通らない場所は盗難の可能性が高まります。

 

できるだけ車内が見えないようにする。車内に貴重品を放置しない。まずはここからはじめてください。

 

4: まとめ

キャンピングカーの旅は自由です。

ややこしいスケジュールや計画は「あえて無くして」楽しんでもらいたいと思います。

 

どれだけ自分たちの「ひらめき」で楽しめるのかもキャンピングカーらしい旅の方法だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA